京都検定

過去問|2級 第10回京都・観光文化検定試験(2013年)|芸術・文化(4/10 page)

目次

<4> 芸術・文化に関する記述について、(   )に入れる最も適当なものを(ア)~(エ)から選びなさい。

(31) 醍醐天皇の命により紀貫之らが編さんした『(   )』は、わが国最初の勅撰和歌集である。

選択肢
(ア)古今和歌集(こきんわかしゅう)
(イ)新勅撰和歌集(しんちょくせんわかしゅう)
(ウ)千載和歌集(せんざいわかしゅう)
(エ)新古今和歌集(しんこきんわかしゅう)



(ア)古今和歌集(こきんわかしゅう)

(32) 神輿や三宝、雅楽関係品、神職や巫女の衣装、神鏡などは「(   )」として、京都府知事指定の伝統工芸品に指定されている。

選択肢
(ア)京仏壇・京仏具
(イ)京表具
(ウ)京石工芸品
(エ)京の神祇装束調度品



(エ)京の神祇装束調度品

(33) 京刃物を支えた(   )は、京都市右京区の鳴滝や高尾、梅ヶ畑付近などが特産地である。福王子神社には、これでつくられた扁額がある。

選択肢
(ア)砥石(といし)
(イ)砂鉄
(ウ)松炭
(エ)柿渋



(ア)砥石(といし)

(34) 千利休は、武野紹鷗(たけの じょうおう)に師事して、村田珠光が創始した草案の茶を習得した。また、大徳寺で禅を学び、「(   )」を唱えてわび茶を大成した。

選択肢
(ア)喫茶去(きっさこ)
(イ)綺麗さび
(ウ)茶禅一味
(エ)一隅を照らす



(ウ)茶禅一味

(35) 立花(たてばな)の世界では、(   )が豊臣秀吉の御成の席で重用された。特に大名の前田邸の四間床に立てた作品は雄大なスケールで、秀吉から称賛された。

選択肢
(ア)初代池坊専好(いけのぼう せんこう)
(イ)二代池坊専好(いけのぼう せんこう)
(ウ)桑原仙渓(くわばら せんけい)
(エ)大住院以信(だいじゅういん いしん)



(ア)初代池坊専好(いけのぼう せんこう)

(36) 平成25年(2013)で生誕680年となる(   )は、大和猿楽四座(やまとさるがくよざ)のひとつである結崎座のスターで、京の都に上って足利義満の庇護を受けて観世座を創設。息子とともに今日の観世流の礎を築いた。

選択肢
(ア)音阿弥
(イ)道阿弥
(ウ)観阿弥
(エ)世阿弥



(ウ)観阿弥

(37) 京都の三大念仏狂言のひとつである「嵯峨大念仏狂言」が催される(   )は、長年生き別れになっていた母と子の劇的な再会を描いた能の名曲「百万」の舞台にもなっている。

選択肢
(ア)壬生寺
(イ)引接寺(いんじょうじ)
(ウ)清凉寺
(エ)神泉苑



(ウ)清凉寺

(38) 映画、舞台、テレビに長く活躍し、国民栄誉賞を受賞した京都・伏見区出身の二枚目俳優である(   )は、「地獄門」(カンヌ国際映画祭グランプリ受賞)やNHK大河ドラマ 「赤穂浪士」の大石内蔵助役で知られる。

選択肢
(ア)大河内伝次郎
(イ)長谷川一夫
(ウ)嵐寛寿郎(あらし かんじゅうろう)
(エ)片岡千恵蔵



(イ)長谷川一夫

(39) 舞妓の髪には毎月決まった花かんざしを挿すしきたりがあり、3月は「(   )」である。

選択肢
(ア)梅
(イ)菜の花
(ウ)桜
(エ)藤



(イ)菜の花

(40) 京都五花街の踊りの中で「京おどり」のフィナーレで歌われる歌には、その主催歌舞会の名前が入っており、その曲名は「(   )」という。

選択肢
(ア)宮川音頭
(イ)上七軒夜曲
(ウ)祇園東小唄
(エ)祇園小唄



(ア)宮川音頭