京都検定

過去問|2級 第1回京都・観光文化検定試験(2004年)|東山(4/10 page)

目次

<4> 東山に関する記述について、最も適当なものを(ア)~(エ)から選びなさい。

(31) 文禄3年(1594)、淀君が父の浅井長政の菩提を弔うために建立し、火災による焼失後に淀君の妹の崇源院が再建した寺院はどこか。

選択肢
(ア)智積院(ちしゃくいん)
(イ)養源院
(ウ)妙法院
(エ)即成院(そくじょういん)



(イ)養源院

(32) 泉涌寺の仏殿わきには百人一首で有名な「夜を込めて 鳥のそらねは はかるとも よに逢坂の 関はゆるさじ」の歌碑が建っているが、この歌の作者は誰か。

選択肢
(ア)和泉式部
(イ)赤染衛門(あかぞめえもん)
(ウ)清少納言
(エ)紫式部



(ウ)清少納言

(33) 豊臣氏滅亡の引き金となった「国家安康 君臣豊楽」の銘文の入った梵鐘のある寺院はどこか。

選択肢
(ア)正法寺
(イ)三十三間堂
(ウ)安養寺
(エ)方広寺



(エ)方広寺

(34) 清水寺の本坊である成就院(じょうじゅいん)は、寛永6年(1629)に焼失したが、誰の寄進により再興したか。

選択肢
(ア)中和門院
(イ)待賢門院
(ウ)東福門院
(エ)美福門院



(ウ)東福門院

(35) 高台寺は豊臣秀吉の菩提を弔うために妻の北政所が創建した寺院であるが、前身は北政所が生母のために建立した寺院である。その寺名は何というか。

選択肢
(ア)聖徳寺
(イ)豪徳寺
(ウ)泉徳寺
(エ)康徳寺



(エ)康徳寺(こうとくじ)

(36) 高台寺の塔頭である円徳院の庭園は、自然石を巧みに配した桃山時代を代表する枯山水である。層塔の笠を利用した珍しい形の手水鉢があるが「何の手水鉢」と呼ばれているか。

選択肢
(ア)桧垣
(イ)袈裟型
(ウ)露結
(エ)勾玉



(ア)桧垣

(37) 産寧坂から円山公園にかけては町並み景観の保存をはかるため、「産寧坂伝統的建造物群保存地区」に指定されている。次の中で伝統的建造物群保存地区に指定されていないのはどれか。

選択肢
(ア)上賀茂社家町
(イ)北野上七軒
(ウ)祇園新橋
(エ)嵯峨鳥居本



(イ)北野上七軒

(38) 円山公園には明治期にロココ様式を取り入れて建てられた「長楽館」があるが、この「長楽館」を建てた煙草王として有名だった富豪は誰か。

選択肢
(ア)浜岡光哲
(イ)高木文平
(ウ)大沢善助
(エ)村井吉兵衛



(エ)村井吉兵衛

(39) 浄土宗の総本山である知恩院には「知恩院の七不思議」があるといわれるが、次のうち七不思議に含まれないものはどれか。

選択肢
(ア)三鈷の松
(イ)瓜生石
(ウ)大杓子
(エ)忘れ傘

(40) 青蓮院(しょうれんいん)は粟田御所ともいわれ、天台宗三門跡のひとつである。門前には天然記念物の巨木があり、一見の価値があるが何の木か。

選択肢
(ア)ソテツ
(イ)ケヤキ
(ウ)クスノキ
(エ)ゴヨウマツ



(ウ)クスノキ