生活全般

ポニークリーニング保管&宅配サービスを使ってみました!

洋服が増えてしまい、クローゼットに収まらない….
冬服をどこかに預けられないかな….

ということで、私たちはポニークリーニングの保管&宅配サービスを利用しました。

ポニークリーニング保管&宅配サービスを使おうと思ったきっかけ

結婚を機に彼女の家で同棲することになったのですが、お互い1Kだったため、2人分の服が収まらず、荷物をどこかに預けられないか考えていました。

最近、サマリーポケットがよくCMをしていて、クリーニングサービスもありましたが、やはり洋服なのでクリーニング屋さんが安心だなということでクリーニング屋にすることにしました。

クリーニング屋でいくつか検討しましたが、価格やサービス内容に違いがあまりなかったので、近所にあったポニーにしました。

ポニークリーニング保管&宅配サービスって?

基本的には、「何点を預けるか?」で金額が決まります。

私たちは、冬物を預けることにしました。

7点パックを選び、スーツ(上下)、コート、ダウンなどを預けることにしました。

あとは、洋服を送り返してもらう時期を各月の上旬・中旬・下旬から選びます。どうやら11月上旬が人気のようです。私たちが申し込むときはすでに満員になっていました。

申し込みから集荷まで

WEBで「ポニークリーニング保管&宅配サービス」に申し込むと、5日程度で洋服を預けるためのキットが送られてきます。

最初はびっくりしますが、郵便ポストに入るくらいの大きさのキットが届きます。

キットには、以下の4点が入っています。

  • ゆうパックの伝票
  • 発送手順書
  • 発送袋
  • シミ抜き指示シール

まずは、発送袋を広げてみましょう。以下のような袋になっています。


縦/横/高さがそれぞれ約45cmくらいでした。


これに7点を入れました。


ダウンも2点入れましたが、まだだいぶ余裕がありました、

収納が終わったら、ファスナを閉じて、同封されていたプラスチックでファスナを固定すれば完了です。

準備が終わったら、荷物を集荷してもらいます。

同封の「発送手順書」にゆうパック集荷サービスの手続き方法が記載されているので、それに従って手続きしましょう。

作業自体は、15〜30分くらいで終わります。