京都検定

過去問|2級 第6回京都・観光文化検定試験(2009年)|祭と行事(5/10 page)

当サイトでは、1級の記述式を意識して作成しています。そのため、選択肢は表示していません。

5. 祭と行事に関する記述について、最も適当なものを(ア)~(エ)から選びなさい。

(41) 1月14日に法界寺で行われる修正会(しゅしょうえ)の結願行事(きつがんぎょうじ)で、「頂礼(ちょうらい)、頂礼」と鼓舞しながら激しくぶつかり合う踊りはどれか。



裸踊り
修正会(しゅしょうえ)は、この法会は、前年を反省して悪を正し、新年の国家安泰、五穀豊穣などを祈願するもの。
結願行事(きつがんぎょうじ)は、神にかけた願いが叶った後、その願いを解く祈願の総まとめ的な行事。

(42) 1月15日に近い日曜に、浄水に柳の枝を浸してその水を信者の頭上に振り掛ける「柳のお加持」が行われるのはどこか。



三十三間堂

(43) 2月に伏見稲荷大社で行われる「初午大祭(はつうままつり)」で授与される、縁起物はどれか。


(44) 4月の第3日曜日に、島原の太夫が内八文字(うちはちもんじ)で練り歩き、吉野太夫の墓に詣でる「吉野太夫花供養」が行われる寺院がどこか。



常照寺
現在は4月の第2日曜日
内八文字とは、遊女の揚屋入りなどのときの歩き方。両足のつま先を内側に向けて、両足で弧を描くように歩くこと。
吉野太夫は、江戸時代初期の京都の代表的な遊女。

(45) 葵祭の神事のうち、降臨した神霊を神馬(しんめ)にのせて下鴨神社に遷す祭はどれか。



御蔭祭(みかげまつり)

(46) 「賀茂祭旧儀御再興ノ事」を献策し、明治17年(1884)に葵祭を再興したのは誰か。



岩倉具視(いわくら ともみ)

(47) 祇園祭で、古例により巡行の順番が決まっている「くじ取らず」の山鉾は何基あるか。※2009年出題時点



8基
※現在は大船鉾も含め9基
前祭:長刀鉾、函谷鉾、放下鉾、岩戸山、船鉾
後祭:北観音山、橋弁慶山、南観音山、大船鉾

(48) 祇園祭の山鉾町で最も南に位置し、和泉式部の恋物語に取材、縁結びのお守りを授与する山はどれか。



保昌山(ほうしょうやま)

(49) 8月22日から23日に行われる「京の六地蔵めぐり」の寺院のうち、鞍馬口にあるのはどれか。



上善寺

地蔵名 住所 寺名 街道名
伏見六地蔵 伏見区桃山町西山24 大善寺 奈良街道
鳥羽地蔵 南区上鳥羽岩ノ本町93 浄禅寺 西国街道
桂地蔵 西京区桂春日町9 地蔵寺 山陰街道
常磐地蔵 右京区常盤馬塚町1 源光寺 周山街道
鞍馬口地蔵 北区鞍馬口寺町東入る上善寺門前町 上善寺 鞍馬口街道
山科地蔵 山科区四ノ宮泉水町16 徳林庵 東海道

(50) 時代祭の行列で、女官の正装を身にまとい「平安時代婦人列」に登場する人物は誰か。



清少納言