妊活

妊活日記19|人工授精後の過ごし方

いよいよ人工授精当日となりました!!!!!

人工授精は今回が初めてなので、前日はドキドキで、あまり寝れなかったです泣

人工授精1回目の流れ

排卵させるため、ゴナールエフを25日間打ち続けました!!笑 頑張った自分!!

排卵日に合わせて、人工授精を行う日を決めました。

人工授精を行う時間に排卵を合わせるため、人工授精前日にhCG注射を筋肉注射!これを売ったら36時間後に排卵するみたいですね。

人工受精当日、精液を自宅で採取して持っていき、受付に提出し培養室で遠心処理を行ってもらいました。

夫の精液は運動率だけ平均を下回り、31%でした。この処理のおかげで94%まで高まりました!!!

待ち時間が1時間以上あったので、雑誌や携帯をいじる(かなり暇なので、本を持っていった方がいいですね。次回からそうしようと思います。

内診台で子宮内に管を使って、遠心処理した精液を注入してもらいました。

「注入する精液量は0.6ccとごく少量ですので、痛みはほとんどありません」と言われていたのですが、私の場合とても痛みを感じました。

注入する痛みというよりは、挿入するために器具を入れた時の痛みだと思うのですが痛かったので普通に注入時に「いっったああああwww」と何度か口に出して言ってしまいました。

「まれに管が入りにくい人がいて、子宮の入り口を器械でつかんだり引っ張ったりして痛みを感じることがあります」とも言われていて、そのまれに管が入りにくい人私だよと思いました泣

内診台で約5分間安静に寝っ転がったままにさせられました。

その後着替えて今日の説明と、質問がないか聞かれました。

抗生剤を処方されて終了でした。

人工授精後は、自宅などでの安静は特に必要なく、普段通り過ごしてもらって構わないと言われました。

多嚢胞卵胞症の私が排卵させる方法

多嚢胞卵胞症候の私の場合、人工授精をすると言っても、まず排卵をうまくさせないといけません。

排卵させる方法が飲み薬と注射があります。

○→メリット ×→デメリット

クロミッド × 私の場合効かない
× 副作用多い 内膜が薄くなる 粘液が少なくなる
 保険がきくので1000円くらいで良い
ゴナールエフ自己注射  効く
× 少量ずつ打たないと何個も大きくなってしまい排卵させることが不可になってしまう
 副作用なし
× 保険がきかないので排卵するまでに4万くらいかかる

 

今週期の流れ

ブタちゃん(私)
ブタちゃん(私)
この週の低温期と高温期はこんな感じになりました!!
体温 低温期
/高温期
備考
36.44 低温期1 生理1日目
未計測 低温期2 生理2日目
未計測 低温期3 生理3日目
36.54 低温期4 生理4日目
36.37 低温期5 生理5日目
通院:生理が来てしまったことを伝え、打つ注射の量を決めてもらう。夫の精液検査の結果的を聞き、「精子無力症」と診断される。今期から人工授精をすることを勧められる。
ゴナールエフ自己注射50単位 
36.52 低温期6 ゴナールエフ自己注射 50単位
36.56 低温期7 ゴナールエフ自己注射 50単位
36.61 低温期8 ゴナールエフ自己注射 50単位
36.41 低温期9 ゴナールエフ自己注射 50単位
36.41 低温期10 ゴナールエフ自己注射 50単位
36.54 低温期11 ゴナールエフ自己注射 50単位
36.60 低温期12 ゴナールエフ自己注射 50単位
通院:卵胞チェック。7ミリ、8ミリの卵胞がいくつか。
36.39 低温期13 ゴナールエフ自己注射 75単位
36.44 低温期14 ゴナールエフ自己注射 75単位
36.59 低温期15 ゴナールエフ自己注射 75単位
36.59 低温期16 ゴナールエフ自己注射 75単位
36.45 低温期17 ゴナールエフ自己注射 75単位
36.36 低温期18 ゴナールエフ自己注射 75単位
36.39 低温期19 ゴナールエフ自己注射 75単位
通院:まだ卵胞は8ミリ程度。前回とほぼ変わらない大きさにショック。次の日から容量を100単位に増やすことに!
36.45 低温期20 ゴナールエフ自己注射 75単位
36.43 低温期21 ゴナールエフ自己注射 100単位
36.55 低温期22 ゴナールエフ自己注射 100単位
36.56 低温期23 ゴナールエフ自己注射 100単位
36.57 低温期24 ゴナールエフ自己注射 75単位
通院:主卵胞15.5ミリが1つ。9ミリくらいの中卵胞も3つほど育ってきていました。このままだと、他の卵胞も大きくなってしまい、今週期は排卵させることが出来なくなってしまうとのことで、HCG注射を打つことに!明日人工授精することに!
症状:おりものが多い
36.37 低温期25 人工授精当日
通院:朝8:30夫が自宅で精液を採取 9:30受付に精液を提出 10:30診察室に呼ばれ、人工授精。人工授精処置後、2、3分横たわったまま。
症状:おりものが多い
36.55 低温期26 人工授精翌日
症状:おりものがさらに多い 主人曰く、常に不機嫌(ホルモンバランスの変化のせいか)
まだ低温なので排卵はしていないみたい。
36.58 高温期1
体温はあまり上がらないのに、乳首痛がすごくする 痛い
36.64 高温期2
高温期に入ったのか本当に謎
36.69 高温期3
微妙にまた上がったけど高温期なのか?

 

 

低温期が26日という長さで(笑)、やっと排卵しそうな感じです。

低温期25日目に人工授精をしたわけですが、その日の私の過ごし方をまとめておこうと思います。

私の人工授精後の過ごし方

私は運動が好きな方なので、ジムに行って筋トレやランニングをしないとストレスが溜まってしまいます。

そこで人工授精を実施する前にまず先生に確認したことが、「人工授精後に運動はしていいのですか?」ということでした(笑)

先生は「普段通り生活して構いません」と言ってくれました。

ネットで調べてみても、「人口受精後に運動しちゃいけなかったら人類はとっくに滅亡しています」と書いてあったりしました。

人によっては、ゆったり安静に過ごすのが一番という人もいました。

でも、私にとってストレスを貯めないことが一番大事なことだと思っています。

なので、私は午前に人工授精を終え、一旦帰宅し夫とランチを食べ、すぐにジムに向かいました。

この日ジムでやった内容は以下の通りです。

スクワット 30回
デットリフト 30回
ヨガ 45分

夫には、人口受精後に運動するのはよくないと言われましたが行きました。

これで2週間後に妊娠できていたら、運動は本当に関係ないことが証明されます!笑

今回初めての人工授精で結果は今まで以上に楽しみです。

期待しすぎないように過ごして行きたいと思います!!><ドキドキ!!!

私が妊活中に心がけていること

💓ストレスを貯めないこと

💓たんぱく質の多い食事

💓夫になるべく怒らない・優しくすること