妊活

妊活日記21|卵が4つ育ってしまった!自己注射は休み経過観察する?

案の定、4つの大きな卵が育ってしまっていました。

15〜17ミリくらいの卵たち。

さてこれからどうするか。

今回は、なかなか治療が上手くいかないので、夫もクリニックにきて一緒に話を聞くことになりました!

クマくん(夫)
クマくん(夫)
先生のやり方は、注射の量をただ増やしてるだけで意味が分からないよ!一緒に聞きに行くよ!
ブタちゃん(私)
ブタちゃん(私)
ありがとう〜〜!!!クマくんも一緒に話聞くの初めてだから嬉しい!夫婦のことだから一緒に解決しようとしてくれるのとても嬉しい。

なので、先生と主人と3人で話しました。

いま大きくなってしまってる4つの卵を一度に排卵させることはできない。

OHSSのリスク、多児のリスクがあるからです。

ここまで頑張って26日間注射打ってきました。

26日間…約1ヶ月もです。涙

お金も、時間も、使って育ちすぎてリセットなんて悲しすぎます。

体外受精の相談もしました。

多嚢胞卵巣症候群の場合、体外受精だと卵がたくさん取れて有利みたいです。

けど、先生が体外受精を、はい、やりましょうとなるのは、
・その人の年齢
・どのくらい排卵が難しいか

この2点で薦めてるそうです。

年齢に関しては35歳くらいだったらすぐに体外受精を進める。

しかし、わたしの場合はまだ30歳手前。(30手前って妊活してる人の中では本当に若い方なのか?)

排卵もうまくいかないことが続いてるけど、うまく行った時も2回ある。

だから時間がかかっても体外受精にはいかない方法でやってみるようにに話してくれた感じでした。

夫もその進め方に賛成!

まだ私たちの中で体外受精はやらないでゆっくりでいいから、卵胞を注射で育てて人工授精で妊娠を目指す方向となりました。

そして今回の場合は、どうしていくかというところなのですが、4つ大きい卵育っちゃってる…。

ゴナールエフもいったんやめて放置して今ある卵胞がどうなっていくか経過観察するとのこと!

月曜日にその話をして、いったん木曜日に診察しました。

大きな卵胞が2個くらいになっていました。

土曜日もきてくださいとのこと。

このまま2個か1個だけがうまく成長していれば、排卵を促すhcg注射かプレセキュアを処方することができるとのことでした。

排卵させられるかもしれない!

と先生は考えてくれましたが、、結局ダメでした。
リセットでした。

何度目になるかと思うプラノバールをもらって帰りました。