パタニティライフ

パタニティライフ奮闘記|妊娠中期に始まった妻のマタニティブルーとそのきっかけ…乗り切った方法

医療情報を提供するサイトではありません。あくまで、私たち夫婦がどのように妊活・妊娠中・出産・育児に奮闘したのかという体験談です。読者の皆さまの心身の不安に対する対処法は、必ず掛かりつけの専門医にご相談ください。

31歳の夫です。妊娠中期に始まった妻のマタニティブルーの経験談を書いていきます。

実は、妻から相談を受けるまで聞いたことがありませんでした。今思うと本当に情けないのですが、夫の考えはこんな感じでした。

「お腹がどんどん大きくなって、身体への負担が大きくなるからトコちゃんベルト(骨盤矯正ベルト)をそろそろ付けなきゃ…」
「夏になってクーラーをよく使ってるけど、お腹が冷えると早産になりやすいらしいから腹巻も買わなきゃ…」

妻の身体と赤ちゃんのことも大事ですが、肝心な妻の心に気がまわっていなかったのかもしれません…。ここでは男性目線で見落としてしまった失敗談を書いていきます。

マタニティブルーとは?

「赤ちゃんが元気に生まれてこれるかな…」、「順調に育っているかな」という見えない不安を妊娠中に感たり、身体の変化が変化していくことで、心身ともにストレスが蓄積されて、ホルモンバランスが変化し、自律神経やメンタルが不安定な心理状態になることを「マタニティブルー」と呼ぶようです。

人によって程度のさが大きいようですが、一般的には以下のような症状があるようです。一般的には1~2週間で治るようです。

  • 理由もなく涙が出てくる
  • 急にどうしようもなく不安になって悲しくなる
  • 眠れない
  • まわりの物事に興味が持てなくなる
  • 自分が悪いと感じている
  • 母親失格だと感じている
  • 疲労感が激しく、気力が沸かない
  • 物事にうまく対処できなくなる
  • 悲観的にしか物事を捉えられない
  • ちょっとしたことで怒ったり泣いたりする
  • 以前に比べて動作や話し方が遅くなる
  • 死にたいと思うことがある

妻のマタニティブルーのきっかけ

妻のマタニティブルーの症状

夫として(唯一)私にできたこと