結婚式

私たちが婚約指輪を買わなかった理由

婚約指輪は買っていません。

結婚指輪は、日常的につけるものなので、やっぱり指輪をつけて日常的につけておくことは、自分自身で大切な家庭があることに常に気付けるようにするために大切だと考えて、買うことにしました。

また、周りの人に対しても大切な家庭があることを知ってもらうことで、信頼や人となりを知ってもらうために、あったほうがいいなとも考えました。

しかし、婚約指輪は、記念日など特別な日につけて祝ったり、婚約の実感が湧いたり、いろんな使い道はありそうだなと思いましたが、高価なわりに、ほとんど使わないものを買うのは少し勿体無いなと感じたので買いませんでした。

プロポーズの時も、事前にサプライズを用意したわけではなく、そのときに結婚したいと強く思ったので、その場で気持ちを伝えた形でした。

そのため、事前に婚約指輪を購入しておらず、結果的に二人で話し合うことになりました。

話し合う前からなんとなく、価値観が同じだなと感じていたので、すぐに意見は一致したと思います。

その結果、、私たちの場合は、付き合ってから婚約するまでの期間が短かく、一緒に行きたいところがたくさんあったので、婚約旅行(2回)に行くことにしました。

これは私たちにとっては、一緒に何かを体験する方が価値があって大切だと思ったからです。

また、どちらの両親も寛容で、私たちの意見を尊重してくれたことも、後押しになりました。

婚約旅行では、小さな子供は連れていけない場所にたくさん行きました。

これはこれで、今しかできなかったことだなと思います。

いい思い出が作れました。

しきたりはもともと意味があったものです。その意味を大切にするからこそ、そのしきたりに意味があると思います。

意味に共感したり、理解しないで、なんとなくするよりも、2人で何が大切か?を話し合って、二人で決めたイベントは後にもとっても意味があると思います。

今になって思うと、この辺りの感覚が二人の間で許容できる範囲かは、金銭感覚と価値観に大きく影響することだと思います。

今後の結婚生活のためにも、なんとなく婚約指輪を渡すのではなく、話し合うのもいいかもしれません。家計は同じになるので(笑)