妊活

妊活記録⑥多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)と診断されてしまった!

前回あんないい卵胞育ったのになんでだろう、と言われた;;

一周期目、25.7ミリの卵胞が育っていましたが、今回はダメでした。

むしろショックなことに、多嚢胞卵胞症候群と診断されました。

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS:polycystic ovarian syndrome)みたいです私。

若い女性の排卵障害では多くみられる疾患で、卵胞が発育するのに時間がかかってなかなか排卵しない疾患です。

また、男性ホルモンが多い状態になってしまっているとなるみたいです。

確かにニキビがひどいのですよね。

低温期11日目に卵胞チェック→何個かある卵胞のうち1つが10.2ミリの卵胞が育っていました。

本日、低温期17日目に卵胞チェック→小さい卵が4.5個育ってしまっていたため、今回は排卵しないと言われました。

なので今日から生理を起こす薬を2週間飲むことになりました。

ノアルテン錠(5ミリグラム)です。

2週間このノアルテン錠を飲み続けた後に生理が始まるみたいです。

引き続き漢方を飲み続けてくださいといわれました。

そして、生理始まってから5日目からクロミッドという薬を飲むように指導されました。

レトロゾールにするかも聞かれましたが、レトロゾールは1粒500円するそうで、保険適用外らしいです。

レトロゾールの方が、子宮内膜が薄くなるような副作用は少ないみたいです。

この為、クロミッドにすることにしました。

あああ長いよ〜〜次の生理まで。。